お知らせ

飲酒運転撲滅活動への支援活動

9月6日(木)、「しない。させない。飲酒運転 犯罪です」などの交通安全標語が書かれたラッピング自動販売機を、西長洲車庫に設置し、すべてのドライバーに飲酒運転撲滅を広く呼び掛けている。
『兵庫県警察本部』が県内で取り組まれております「飲酒運転撲滅運動」に協力させていただくためキリンビバレッジ自動販売機を設置しドリンク購入金額の一部を寄付をさせていただくことといたしました。

ホームページがリニュアルされました。

ホームページのリニュアル化を進めてまいりましたが、ようやく完成しましたので公開させていただきます。より新しくなった当社ホームページをどうぞよろしくお願いします。

兵ト協ニュース(2018.06月号)に掲載されました。

2018年6月号の会員情報だより第3回に当社が選ばれ掲載されました。当社の経営理念、安全への取り組み、人員不足と高齢化対策等本社営業所長の若林が回答しました。これを読めば当社の会社概況がすぐに解ります。掲載いただきました兵庫県トラック協会様ありがとうございます。

2018年3月号兵ト協ニュース表紙写真採用されました!

写真好きの若林さんが兵庫県赤穂市で撮影した写真を兵ト協ニュースの表紙写真に応募したところ見事に採用され2018年3月号の表紙を飾ることになりました。
忠臣蔵で有名な兵庫県赤穂市にある赤穂大石神社に参拝した際に撮影した1枚です。当日は、晴天に恵まれ大石神社、花岳寺と忠臣蔵ゆかりの観光地を巡りました。
2018.03表ト協ニュース

近畿運輸局長表彰(個人表彰)を受けました。

平成30年2月22日(木)に大阪府中央区の近畿運輸局大阪合同庁舎に於いて「平成29年度近畿運輸局功労者表彰」があり当社より従事者部門では大型運転手の内田和弘さんが表彰を受けました。表彰内容は多年にわたり営業用自動車の運転業務に精励しその勤務成績が優秀で他の模範と認められた受賞となりました。
内田和弘

溝口社長交通栄誉章緑十字銀賞受賞。奥様には感謝状授与。

1月18日、19日の両日第58回交通安全国民運動中央大会が、東京都新宿区のホテルグランドヒル市ヶ谷と文京区の文京シビックホール大ホールで開催されました。
安全で快適な交通社会実現のため、交通事故防止、交通安全に係わる各分野の関係者が一堂に会し、一層強力な国民運動の展開を誓う本大会は、昭和36年から毎年開催されています。
第2日目の本会議は、秋篠宮同妃両殿下の御臨席を仰ぎ、東京・文京区の文京シビックホール大ホールで開催されました。当日は、内閣総理大臣等の来賓をはじめ、交通栄誉章等の受賞者、前日の分科集会に出席した交通安全指導者等約1,800人が出席しました。
午後2時、今井敬全日本交通安全協会会長の先導で秋篠宮同妃両殿下が御臨場され、国歌斉唱、交通事故犠牲者に対する追悼の黙とうに続いて、今井会長が「『平成32年までに交通事故死者数を2500人以下とし、世界一安全な道路交通を実現する』との政府目標を、より一層強く推進する決意をここに新たにする」とあいさつを行った後、秋篠宮殿下からおことばを賜りました。
この大会にて溝口社長に「交通栄誉章緑十字銀賞」が贈られました。この賞は多年にわたり交通安全のため献身的な尽力をし、交通事故の防止と交通秩序の確立に貢献された功績が顕著であったことに対して表彰されました。また、奥様も社長の受賞に対して多年にわたる協力や励ましの賜で感謝状が贈られました。ご夫婦そろっての名誉ある受賞で今後ますます交通安全に対する貢献の励みとして邁進していきます。
溝口昭夫②溝口和江②
T285_p5

グリーン経営認証登録証(12年目)

平成30年1月22日(月)にグリーン経営認証登録証が郵送されてまいりました。昨年12月13日(水)グリーン経営認証更新の審査があり、前回掲載しました内容通り11項目について審査し、合格したことに伴う登録証の交付となりました。担当の業務部若林さんより審査当日より合否が気になり心配していましたが、改めて登録証を目の前に見ると無事に合格出来てよかったと審査当日の緊張感から解き放たれましたと責任の重さを痛感しておりました。今後も日々の運営に取り組み内容を反映し次回の更新時にも対応できるように日常業務をこなしていきたいと新たなスタートを切りました。
グリーン経営登録証2018

平成30年度初荷式を終えました。

今年1年がすばらしい年になりますように・・・。

平成30年は1月4日(木)が初出で午前9時45分から協力会の互礼会を済ませて、そのあと初荷式を行いました。天気も快晴で清々しい気持ちでいっぱいです。
多くの社員の皆様や協力会社の方々に、拍手で見送られ出発する晴れやかさを体験することは、プロドライバーとしての意気の発揚にも繋がっているようです。当社も荷主様を支えて行かなければならないという重圧をひしひしと感じるセレモニーでもあります。

日鉄住金鋼管様のますますのご繁栄を祈念しております。  

IMG_4384

グリーン経営の更新ができました(12年目)

平成29年12月13日(水)グリーン経営認証制度で更新の審査がありました。お陰さまで、無事合格しました。
 以下、グリーン経営認証基準に従い審査員による審査の流れを記します。
①開始会議
②環境保全のための仕組み、体制の整備(4項目)
③エコドライブの実施(4項目)
④低公害車の導入(2項目)
⑤自動車の点検・整備(3項目)
⑥廃車・廃棄物の排出抑制、適正処理及びリサイクルの推進(2項目)
⑦管理部門(事務所)における環境保全の推進(1項目)
⑧事務所、ドライバー休憩室他 掲示類の確認(1項目)
⑨審査のまとめ(書類作成)
⑩終了会議・申請者への説明
⑪実地審査終了
上記全ての項目について書類、掲示物確認が行われました。

 審査の結果、審査員より不適合なしとの告知を受け、グリーン経営認証の更新登録の推薦を受けました。業務の若林さんが窓口になっての審査となりました。彼は3度目の体験ですが、審査の度に、審査内容も厳しく細かくなっており、改めて緊張感があり、審査員の発言、説明すべてが勉強になったそうです。この経験を、今後の社内活動に生かしたいと感想も述べていました。

2017年5月号兵ト協ニュース表紙写真採用されました!

写真好きの若林さんが神戸どうぶつ王国で撮影した写真を兵ト協ニュースの表紙写真に応募したところ見事に採用され2017年5月号の表紙を飾ることになりました。
特に向かって左側の鳥は世界一動かない鳥で絶滅危惧種の珍鳥【ハシビロコウ】で日本では7箇所で16羽のみ飼育されており関西では神戸どうぶつ王国のみの飼育となってします。
今回はハシビロコウとツタシンガにワオキツネザルの共演となりました。
ハシビロコウ

コーカン(鋼管)総合物流

鋼管物流に関わる多種多様なニーズにお応えします

弊社は、創業以来一貫して鋼管の輸送の担い手として、キメ細かな物流体制を構築してまいりました。特にドライバーは、鋼管の特性に合った荷役技術を習得し、その技術向上のために、定期的に訓練・教育を受けています。

お客様によって創り込まれた鋼管を、そのままの姿でお届けします。これが、私たちの誇りです。

創り込まれた大切な製品を、さらに価値あるものとしてお届けします

お預かりした製品を、そのままの姿でお届けするにはどうすればいいのか。この輸送の本質を常に追及しています。私たちには、日々が真剣勝負です。