お知らせ

第44回兵庫県トラックドライバーコンテスト出場しました。

7月23日(土)今年も熱い「トラックドライバー・コンテスト兵庫県大会」が実施され、当社からも大黒さんが出場し無事終えることができました。出場した11トン部門は出場選手が多くて激戦になり残念ながら当社は入賞できませんでした。

 大黒選手、お疲れ様でした。私たちの期待に応えてよく頑張ってくれました。彼らしく多くの選手に混じって堂々と戦いましたので決して負けてはいません。普段乗り慣れているトラックと違い勝手が違いますがドライビング技術は大したものでした。

 総勢7名の応援団にとりましては、今年の気候は快晴で最高の天気となりました。勿論、名物の手作りの横断幕を引っさげて行きました。これはもう大会には欠かせないものになっています。

 小さい会社ですが来年も是非出場したいと思います。

2016年ドラコン大黒さん-001DSC02833②

安全性優良事業所(Gマーク)の更新手続きを終えました。

7月6日(水)、安全性優良事業所の4度目の更新手続きを終えました。平成16年12月に初めての取得から10年目を迎えました。今回も若林さんが、申請手続きを一手に引受け仕上げてくれました。出来上がった書類は、大きなバインダーにずっしりと収まっていました。

安全性に対する取組の積極性の判断基準として
1.事故防止対策マニュアルを活用している。
2.事業所内で安全対策会議を定期的に実施している。
3.荷主企業、協力会社又は下請会社との安全対策会議を定期的に実施している。
4.自社内独自の運転者研修等を実施している。
5.外部の研修期間・研修会へ運転者等を派遣している。
6.特定の運転者以外にも適性診断を計画的に受診させている。
7.安全運行につながる省エネ運転を実施し、その結果に基づき個別の指導教育を実施している。
8.定期的に「運転記録証明書」を取り寄せ、事故、違反実態を把握して個別指導に活用している。
9.グリーン経営認証やISO等を取得している。
10.過去に行政、外部機関、トラック協会から、輸送の安全に関する表彰を受けたことがある。
11.その他輸送の安全に関する自主的、独創的、先進的又は高度な取組みを実施している、
上記11項目それぞれの取組内容、具体的な資料を必ず添付し、役職員名簿と共に製本の上
提出をします。
又、今回から厚生年金保険料の納付状況が確認できる書類が必要です。

 目を通すと、それぞれの情景が浮かび、「みんなでよく頑張ってきたなぁ・・・」と、感慨深く,感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 さて、今回ご指導いただきました適正化事業部の高橋様には大変感謝いたします。審査の結果は12月です。これからも、しっかりと安全に取組み、より高度な輸送サービスを提供します。

2016j

尼崎労働基準協会から「優秀賞」をいただきました。

4月27日(水)、労働基準協会の定時総会が開かれ、無災害表彰の「優秀賞」をいただきました。昨年の「優良賞」に続いて3年連続の受賞となり、全て社員全員の努力の結果であります。これからも、安心、安全な職場環境つくりを目指して、無事故・無災害を継続していきたいと心を新たにしました。

グリーン経営認証永年表彰を受けました。

平成28年1月30日付で、グリーン経営登録の更新が認証されました。

平成18年1月30日に最初の認証を受けてから、今回の更新で10年を迎え、公益財団法人 交通エコロジー・モビリティ財団より、グリーン経営認証永年表彰を受け表彰状、記念額、ゴールドステッカーが贈呈されました。

平成25年10月にグリーン経営認証制度が満10年を迎え、初度登録日から10年継続して認証登録された事業所に対し、永年登録事業所表彰を行うものです。

グリーン経営認証は、当財団が認証機関となり、グリーン経営推進マニュアルに基づいて一定のレベル以上の取組みを行っている事業者に対して、審査の上認証・登録を行うものです。

審査内容は次の通りです。
・開始会議
・環境保全のための仕組み、体制の整備(4項目)
・エコドライブの実施(4項目)
・低公害車の導入(2項目)
・自動車の点検・整備(3項目)
・廃車・廃棄物の排出抑制、適正処理及びリサイクルの推進(2項目)
・管理部門(事務所)における環境保全の推進(1項目)
・事務所、ドライバー休憩室他 掲示類の確認(1項目)
・審査のまとめ(書類作成)
・終了会議・申請者への説明
・実地審査終了

引き続きグリーン経営に積極的に取り組み、環境にやさしい配送を推進してまいります。

green2

平成28年度初荷式を終えました

今年1年がすばらしい年になりますように・・・。

今年は1月4日(月)が初出で午前9時20分から協力会の互礼会を済ませて、そのあと初荷式を行いました。天気も快晴で気温も暖かく清々しい気持ちでいっぱいです。
多くの社員の皆様や協力会社の方々に、拍手で見送られ出発する晴れやかさを体験することは、プロドライバーとしての意気の発揚にも繋がっているようです。当社も荷主様を支えて行かなければならないという重圧をひしひしと感じるセレモニーでもあります。

日鉄住金鋼管様のますますのご繁栄を祈念しております。     

IMG_2261②

平成27年度ドライバー表彰をしました

年度末の12月26日(土)終業式に於いて恒例の安全表彰と永年勤続表彰をしました。

平成27年度より、表彰基準が改められ、デジタコ部門、直接利益部門、勤務評価部門の3部門ついての総合評価方式で選考をしました。見事最優秀ドライバーの栄誉に輝いたのは、石谷章さんが受賞されました。トレーラー乗務という過酷な勤務でありながらの受賞で他の模範にもなり今後もリーダーシップを発揮してくれるものと思います。
優秀ドライバーには溝口昭仁さんが受賞。彼は入社2年目での受賞で今後の更なる活躍が期待できます。優良ドライバーには、奥平和生さんが受賞。彼もトレーラー乗務という過酷な勤務での受賞です。
また、今年も特別賞が設けられ、殊勲賞に直接利益部門トップの成績を収めた石谷章さん、技能賞にデジタコ部門トップ(100点満点)中川英明さん、敢闘賞に勤務評価部門トップの敷地記人さん受賞されました。
更に無事故表彰、永年勤続表彰と華やかな表彰式となり平成27年度を締めくくりました。

グリーン経営の更新ができました

12月17日(木)グリーン経営認証制度で更新の審査がありました。お陰さまで、無事合格しました。
 以下、グリーン経営認証基準に従い審査員による審査の流れを記します。
①開始会議
②環境保全のための仕組み、体制の整備(4項目)
③エコドライブの実施(4項目)
④低公害車の導入(2項目)
⑤自動車の点検・整備(3項目)
⑥廃車・廃棄物の排出抑制、適正処理及びリサイクルの推進(2項目)
⑦管理部門(事務所)における環境保全の推進(1項目)
⑧事務所、ドライバー休憩室他 掲示類の確認(1項目)
⑨審査のまとめ(書類作成)
⑩終了会議・申請者への説明
⑪実地審査終了
上記全ての項目について書類、掲示物確認が行われました。

 審査の結果、審査員より不適合なしとの告知を受け、グリーン経営認証の更新登録の推薦を受けました。業務の若林さんが窓口になっての審査となりました。彼は2度目の体験ですが、審査の度に、審査内容も厳しく細かくなっており、改めて緊張感があり、審査員の発言、説明すべてが勉強になったそうです。この経験を、今後の社内活動に生かしたいと感想も述べていました。

クレーン・玉掛け競技会に出場しました

12月18日荷主様に於きまして「クレーン・玉掛け競技会」が開催されました。日常業務の成果を披露する大変意味のある競技会です。当社から、荷役担当の新城雄介くんが出場しました。新城くんは入社して1年余りの若手のホープで当社期待の新人ですが、ベテラン、経験者に混じり、若さと元気でよく頑張ってくれました。これからの荷役業務に大いに役立ち更なる飛躍を期待しております。P1040172
P1040162

平成27年度安全性優良事業所兵庫陸運部長表彰をいただきました。

12月8日(火)神戸運輸管理部魚崎庁舎にて兵庫陸運部長表彰をいただきました。この賞は安全性優良事業所の認定(Gマーク)を10年以上継続して取得するとともに自動車運送事業の輸送の安全の確保を通じて社会に対して貢献に努めた功績が認められ表彰されました。兵庫陸運管理部の管轄する兵庫県の膨大な運送業者の中から10社のみ表彰された非常に光栄な受賞となりました。改めてドライバー皆さんの日々の努力に感謝するとともに、この受賞を励みに引き続いて交通安全にしっかりと取り組んでまいります。
IMG_1815IMG_2148

尼崎労働基準協会から「優良賞」をいただきました。

4月23日(木)、労働基準協会の定時総会が開かれ、無災害表彰の「優良賞」をいただきました。昨年の「努力賞」に続いて2年連続の受賞となり、全て社員全員の努力の結果であります。これからも、安心、安全な職場環境つくりを目指して、無事故・無災害を継続していきたいと心を新たにしました。

コーカン(鋼管)総合物流

鋼管物流に関わる多種多様なニーズにお応えします

弊社は、創業以来一貫して鋼管の輸送の担い手として、キメ細かな物流体制を構築してまいりました。特にドライバーは、鋼管の特性に合った荷役技術を習得し、その技術向上のために、定期的に訓練・教育を受けています。

お客様によって創り込まれた鋼管を、そのままの姿でお届けします。これが、私たちの誇りです。

創り込まれた大切な製品を、さらに価値あるものとしてお届けします

お預かりした製品を、そのままの姿でお届けするにはどうすればいいのか。この輸送の本質を常に追及しています。私たちには、日々が真剣勝負です。