安全・環境への取り組み

研修会開催、競技会出場等

当社では、安全性や信頼性を高めることを目的として、研修会などを積極的に行っております。
研修会を通じることで更なる技術の向上を図ることはもちろん、自分の技術を見直す為の機会として設けています。
また、様々な競技会に積極的に参加しております。

クレ玉競技会本選結果!河﨑くん大健闘!

2018年(平成30年)11月8日(木)に和歌山製造所にてクレ玉競技全国大会が開催されました。全国5製造所より
予選会を勝ち抜いた10名の精鋭が出場しました。
尼崎製造所の予選を見事トップ通過して、この大会に臨んだ河崎智也くんは、若さ溢れるはつらつとした競技を
見せ大健闘しましたが、あと一歩で入賞を逃しました。初めての場所、初めてのリモコン等不慣れなことも
ありましたが、全力を出し切っての結果です。しかしながらこの大会に出場した経験は何よりも大きく、将来を
担う財産となりました。河﨑くんお疲れさまでした!



 

 

所内クレーン、玉掛け競技会トップ通過!

2018年(平成30年)10月17日(水)に「所内クレーン、玉掛け競技会」が開催されました。今年度出場するのは、当社から荷役担当の河崎智也くんで入社して2年余りの若手期待のホープです。
既報でお伝えしましたように連日猛練習をしている姿を見ておりましたが、その努力が本番でも発揮され、見事トップ通過することができました。おめでとうございます!河﨑くん
この結果、尼崎製造所代表として、11月8日(木)に和歌山製造所で行われる本選出場という快挙を達成しました。勿論、応援に行きますが、本選でも若さ溢れる河﨑くんらしいハツラツとした競技を見せてくれるでしょう。
本選もがんばれ!


 

所内クレーン・玉掛け競技会に向け猛練習中!

2018年(平成30年)10月11日(木)来週実施される荷主様主催「クレーン・玉掛け競技会」に向けて日々猛練習をしており、ご紹介させていただきます。
今年度出場するのは、当社から荷役担当の河崎智也くんで入社して2年余りの若手期待のホープです。毎日の練習の成果が本番で発揮できることを期待しております。
さぁ、本番は、10月17日(水)がんばれ!河﨑くん

平成30年9月度全体研修会開催

2018年(平成30年)9月22日(土)午前8時~11時迄3時間、第一会議室に於きまして「9月度定期研修会」が開催されました。3ヶ月に1度の重要な研修会です。
内容としては、今期の業績を部門別に分析した結果報告、安全研修(事故関係等)、秋の全国交通安全運動その他連絡事項等幅広い内容で実施されました。

所内クレーン・玉掛け協議会に出場しました

img_28572016年(平成28年)10月19日(水)荷主様に於きまして「所内クレーン・玉掛け競技会」が開催されました。日常業務の成果を披露する大変意味のある競技会です。
当社から、荷役担当の新城雄介くんが出場しました。新城くんは入社して3年余りですが当社期待の若手のエースで、ベテラン、経験者に混じり、若さと元気でよく頑張ってくれました。
img_28632位以内に入ると来る11月10日の名古屋での全国大会に出場できます。今日の頑張りなら2位以内に入る可能性の高い出来栄えでした。これからの荷役業務に大いに役立ち更なる飛躍を期待しております。
 

第44回兵庫県トラックドライバーコンテスト出場しました

2016年ドラコン大黒さん-0012016年(平成28年)7月23日(土)今年も熱い「トラックドライバー・コンテスト兵庫県大会」が実施され、当社からも大黒さんが出場し無事終えることができました。出場した11トン部門は出場選手が多くて激戦になり残念ながら当社は入賞できませんでした。
大黒選手、お疲れ様でした。私たちの期待に応えてよく頑張ってくれました。彼らしく多くの選手に混じって堂々と戦いましたので決して負けてはいません。普段乗り慣れているトラックと違い勝手が違いますがドライビング技術は大したものでした。
DSC02833②総勢7名の応援団にとりましては、今年の気候は快晴で最高の天気となりました。勿論、名物の手作りの横断幕を引っさげて行きました。
これはもう大会には欠かせないものになっています。小さい会社ですが来年も是非出場したいと思います。

コーカン(鋼管)総合物流

鋼管物流に関わる多種多様なニーズにお応えします

弊社は、創業以来一貫して鋼管の輸送の担い手として、キメ細かな物流体制を構築してまいりました。特にドライバーは、鋼管の特性に合った荷役技術を習得し、その技術向上のために、定期的に訓練・教育を受けています。

お客様によって創り込まれた鋼管を、そのままの姿でお届けします。これが、私たちの誇りです。

創り込まれた大切な製品を、さらに価値あるものとしてお届けします

お預かりした製品を、そのままの姿でお届けするにはどうすればいいのか。この輸送の本質を常に追及しています。私たちには、日々が真剣勝負です。